今日の悠暮れ ~こころの帰り道~

心の相談員なのにウツになった私、悠(ゆう)が、人生の迷子を脱するため、道しるべを探していきます

コミュ障は、治さない、治らない、治させない(前編)

こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

 今日は、前置きが長くなるのですが、情けない自分がいとおしく感じられたことを書きます。

 

私の住んでいる市には複数の図書館があり、借りた本はどこの図書館に返却してもよいことになっています。

また、返却した際、ネットで貸し出し予約した本がその図書館に届いていれば、職員さんが声をかけてくださり、その場で借りられます。

そして、家族など他の人の分も、その人の貸し出しカードを持っていれば、代理で借りられ、返却に至ってはそのカードすら要りません。

私にとっては革命的に便利だと感じているのですが、大抵の自治体はこんな感じなのかもしれませんねw

 

さて、前提が終わったところで、今日は、自分と家族それぞれに、そろそろ返さないといけない本と貸し出し予約した本がありました。

私は、長い休みをいただいていることもあり、家族の分も返して借りることにしました。

 

しかし、いざ最寄りの図書館に着いたところ、(お約束どおり)貸し出しカードが、自分のも家族のも無いことに気づきました。

前回の図書のやり取りは家族に任せたので、カードもそのまま預けたままになっていたのでした。

 

そこで、迷った結果、まず自分の本だけを返すことにしました。

そして、図書の延滞のない(善良で優秀な)市民だったので、今回だけは予約の本を貸してもらえました。

 

ただし、家族の分は、いったん持ち帰り、別の図書館で返却することにしました。

なぜなら、そのまま家族の分を返すと、家族が予約した本を借りるよう職員に促されてしまい、釈明するのが何となくはばかられたからです。

喩えるなら、スーパーなどで、買う気が無いのに試食して店員に話しかけられたときの気まずさ、といったところでしょうか。

さらに今日は、自分の分のカードすら持っていなかったので、みっともなさマシマシです。

 

さて、持ち帰った家族の分の図書の処遇ですが、また次回にします。

大した話でもないのに、予想以上に長くなってしまったためですw

でも、「今日の悠暮れ」、初の前後編でございます!

 

悠 拝

「インナー世間」との付き合い方を見直す

こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

今日は、遠くの病院や実家などに用があったので大移動でした。

さすがに疲れていると思うので、今日は休みます。

 

だだ、初めて知って心に残った言葉があるので、忘れないうちに書いておきます。

「インナー世間」です。

意味は、自分の中にいる、自分の頭で作ってしまった「世間の人」、だそうです。

そして、人から何か言われて「自分は間違っている」と感じたとき、本当に自分を責めているのは、その何かを言った人ではなく、「インナー世間」なのでしょう。

 

確か、このような概念に相当する心理学用語があったはずですが、忘れちゃいましたw

ちなみに、私の「インナー世間」は、4日前に書いたロッテンマイヤーさんですね。

怖い人ですが、きっと私のためを思ってくれた部分も多かったはず。

少しずつ彼女に歩み寄って、より良い関係を築いていけたらと思います。

 

悠 拝

世界トップ企業の入社問題に挑戦!

こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

今日は得意な風呂掃除だけでなく、普段はやらないトイレ掃除をしました。

慣れないこと且つ楽しそうでないことをするのは、本当に億劫なものです。

でも、家の汚れや散らかり具合は、心のゴミの量と正の相関関係にあると言われているように、作業が進むごとに心地よさが得られました。

そういえば、「おらの心は水洗便所のように綺麗だべ!! 」という方もいましたねw

 

さて、今回は、あのマイクロソフトの入社試験の過去問を解いてみましょう。

問題はこんな感じです。

 

「ちょうど1時間で燃え尽きる導火線が2本とライターがあります。これらを用いて、45分間を測ってください。ただし、2本の導火線の材質は不均質で、場所によって燃えるスピードが違います。」

 

いかがですか?

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、与えられた条件では、導火線の半分の長さを燃やしても30分間にならないこともあり、難しいですよね。

私がこの問題を知ったは、松丸亮吾さんという、大学生の身でありながら、知識ではなく思考力が問われるTVのクイズ番組に、問題を提供している方の動画です。

 

www.youtube.com

 

この問題なんですが、なんと私、ノーヒントで解くことが出来ちゃいました!

自分には、創造的思考のセンスがある。

うつになってから、それまであったと思っていた自信が、一気に失われ、その後も徐々に減衰していたので、心の底から嬉しいです。

 

1つの正解を求める力やみんな同じが良いとされる、現代日本の教育方針の影響を強く受けた人ばかりで構成されている組織では、クリエイティブな人間はガン細胞のように見られるのでしょう。

出る杭は打たれる。

私は、出過ぎて打たれないくなった杭となって、職場に復帰したいです。

 

悠 拝

人生の必須科目!? アサーション・トレーニング

こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

今日は比較的よい状態ですが、ハイになっていた昨日の反動はありました。

急にめまいがしたり、気持ち悪くなったり。

神経を酷使しているんだなぁと改めて実感しました。

 

今回は、自分の快復に不可欠なものの1つだと強く感じている、アサーションについて書きます。

 

アサーションって言葉、ご存知でしたか?

私は、聞いたことはある程度で、アファメーション(肯定的な宣言、自己暗示)とごっちゃになっているレベルでした。

なので、図書館でイラストが多そうな本を借りて読んでみたところ、子ども向けなのにとてもズシンときました。

 

アサーションとは、まず、自分も相手も大切にするコミュニケーション・スキルのことのようです。

自分の主張ばかりして相手への配慮を欠く攻撃型でもなく、相手のことばかり考えて自分のこと主張することが苦手な受け身型でもない、バランスのとれた心地の良いスタイルが特徴です。

そんなアサーティブな考え方や言葉の使い方が、本を読み進めていくと、一つひとつ解説されていました。

 

私は、完全に、自分のことを主張することが苦手な受け身型でした。

しかも、それがある意味正しくて美しい(国の住人らしい)とさえ思っていました。

しかし、いつも自分の考えや気持ちをしまい込んでいると、自分が苦しくなるし、周りも手を差し伸べようがなくなってしまいます。

 また、上司が攻撃型ということもあり、指導という名のサンドバック状態を、私の心の内圧が限界に達するまで許してしまったのだ、という内省に至りました。

 

 また、アサーションには、アサーション権という、権利擁護の側面があるそうです。

権利は、とても重要な概念ですが、抽象的で理解しにくい部分もあります。 

そのため、私の頭では、性別・年齢・人種・障害などによる差別反対運動を見ても、「けんりよーごは重要だ」程度の小学生並みの感想しか頭をよぎりません。

しかし、具体的なコミュニケーション・スキルを学ぶことで、「I'm OK. You are OK.」という、権利の本質に触れることが出来たのではないかと感じています。

 

アサーションの重要性は理解し始めましたが、受け身型の私には、自分の考えや感情を主張するということは、とても勇気がいることです。

反対に、攻撃型の人が相手を尊重することも、同様に難しいのでしょう。

だから、トレーニングという言葉がセットで出てくるのだと思います。

でも、気づきが何より大事なはず。

少しずつ幸せになる勇気をつけていこうと思っています。

 

悠 拝

ロジックは心を癒す

こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

今日は昨日と打って変わって、えらい元気です。

反動なのか、過活動気味で、かえって書くことに集中できませんがw

 

今回は、一見すると相容れない、論理と心理の関係について思ったことを書いてみます。

 

例えば、採用面接試験に落ちて、人間性を否定されたと感じるほど落ち込んでる人に、元気になってほしいとき、どうしますか?

 

「面接官は見る目がなかった」とか「あなたは悪くない」とか、その人の気持ちを直接励まそうとする方も多いのではないでしょうか?

私も、実際にそんな人に出会ったら、多分そのようにしてしまうと思います。

でも、そのようなシチュエーションで、私が最も効きそうだなぁ、と思ったのは次のような言い方です。

 

「面接試験は、時間とコストがかかるだけで、ほとんど意味がない。ある研究グループが、面接試験の成績について、トップ集団とボトム集団の採用後の成績や交友関係を追跡調査したところ、それぞれの集団の間に差異は認められなかった。むしろ、写真を2秒間チラッと見て判断したほうが、7割以上の確率でその人の性格が分かってしまうという学識者もいる」

 

このようにロジカルに事実を示してもらうと、自分だったら、「あ、そんなもんなんだ」と、自責の念がピタッと止まる気がします。

情に訴えることが良いこともあるでしょうが、少なくとも、こんなスマートな方法もあるんだなぁと感動しました。

 

ちなみ、このこと知ったのは、メンタリストのDaiGoさんのYouTube動画です。

DaiGoさんは、他にも、恋愛やお金から毒親まで、幅広く分野についての動画を数えられないくらいアップしています。

(そのせいか、どの動画でおっしゃっていたを忘れましたがw)

また、ニコニコ動画には、より重要なお話が収録されており、月額540円で過去の放送も含め見放題なんだそうです。

どう考えても、自分の頭だけで知識を得ようとすよりは、効率がよく、値段も破格なので、少し落ち着いたら、DDH(DaiGoに、どっぷり、ハマる)しようと思っています。

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

悠 拝

 

 

いきなりヤスーミ

みなさん、こんにちは! 悠(ゆう)です。

 

本日は、体調不良のため、お休みします。

 

・・・これだけのことを書くのに、結構ためらいました。

「毎日ブログ」を掲げておきながら、2日目ですし。

初日に頑張りすぎたかなぁ?悪いクセです。

 

でも、今の私にとっては、「休む」と言えることが、とても大きなことです。

「休む」と決めた瞬間、自分の内から喜びが湧き上がってきました。

自分の心と身体の声を聴くことができたのだと思います。

 

また、精神疾患者は、休んでばかりいるのではなく、むしろ休むのが下手だ、と聞いたこともあります。

そもそも、仕事ではないので、書くことは義務ではありません。

それなのに、しばらく「書かなきゃ」という気持ちが強く、まるで自分の中に、ロッテンマイヤーさんみたいな厳格な人がいるような感じがしました。

でも、「~しなければ」って想いのまま書くのは、やっぱり可笑しいですよね。

 

なので、今後も、しんどいときは、迷わず休むことにします。

更新も、「ほぼ毎日」くらいにペースダウンしちゃいます。

きっとその方が、楽しいし、続けられるし、良い記事が書ける気がします。

 

悠 拝

 

 

ブログで‟人生を生き抜く知恵″をつける方法

はじめまして! 悠(ゆう)と申します。

私は現在うつ状態で休職しているので、憂(ゆう)と名乗ろうとも思いましたが、これではあまりに救いがないw

遥か彼方まで続く雄(ゆう)大な存在に近づけるよう、勇(ゆう)気を持って悠(ゆう)に決めました。

 

さて、今回は、私がブログを始めた経緯や目的について書いていきたいと思います。

そして、その答えが、次の動画です。

 

www.youtube.com

 

こちらの動画は、かの有名なホリエモン堀江貴文)さんが、とある大学の卒業式で学生に対する手向けの言葉です。

私は、最初の4分半ぐらいで、あ゛あ゛あ゛と唸っていました。

 

「世の中には、素晴らしい人、頭のいい人、先を行っている人がいる。

  まずは、そういう人たちの情報にたくさん触れること」

「そして、得た情報を自分の頭で考え、できれば毎日発信していくこと」

 

これらのことは、とても当たり前のことなのかもしれませんが、今の私にとっては、「ああ!そうだったのか!!」と思わず叫びたくなり、実際、叫んでしまったことです。

 

①について。

私は、自分が望んだ業界を見つけ、その世界で定職に就きました。理不尽な業務や残念な上司はいっぱいですが、心のどこかで、自他共に認める実力を身に付けたと思っていました。

しかし、ホリエモンさんだけでなく、関連動画をクリックすると、有名・無名を問わず、とんでもなくスゴい(と思われる)人たちが、私が知りたいとさえ感じていなかった大切な情報を、ナイアガラの滝のごとく発しているではありませんか。

完全に、井の中の蛙でした。そして、(ピッコロ大魔王を倒して有頂天になっていたところ、ミスター・ポポに惨敗した後の、孫悟空のように、)「オラ、ワクワクすっぞ!」といった気持ちでいます。さしあたり、先人たちの動画を大音量で流して、最低限の家事をしながら聴いていこうと考えています。

 

②について。

自分が得た情報をもとに、できる限り毎日ブログを書いてみようと思いました。

ホリエモンさんのおっしゃる通り、発信することで頭の中が整理されます。大体からして、先人たちのお言葉は、あまりに高度であったり情報量が多すぎですw なので、何もせずに放っておくと、「なんとなく分かった気がする ⇒ 印象が弱めだった内容から順に忘れていく」という、ロスの大きいことが起きてしまいます。

また、ブログという、第三者が読む(かもしれない…)方法をとることで、自然と、より多くの人と共有しやすい形にしようします。私は、すぐにラクをしたがる性格が災いして、自分の考えを他の人に正しく伝えようとする意欲や技術が弱いです。なので、自分の短所を補う、マゾヒスティックな良いトレーニングにもなりそうです。

 

以上のような経緯で、自分自身を大切にするため、打ちのめされた人生を生き抜く知恵を身に付けるため、毎日ブログに挑戦します。本当だったら動画の学生のように、10年近く前から始めるべきだったかもしれませんがw

とは言っても、本当に続けられるかなぁという不安はあります。ブログを書くと決めるのに1日、どのブログ・サービスにするか決めるのに1日、登録して書けるばっかの状態にするのに1日かかったという、スロー・スターティングっぷりですしw それでも、(運悪く?)目にとめてくださった方にとって何らかのプラスになれば、という想いも込めて書きました。

 

それでは、よろしくお願い申し上げます。

 

悠 拝